ログイン

新規会員登録はこちら

新規会員登録 取扱店(再販)ご希望のお申込み 法人・業務用と個人・家庭用 防犯カメラの違い

2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
営業休日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

ISO/IEC27001認証取得



支払方法


   
配送について    
 

一棟所有されている不動産オーナー様へ

 

防犯カメラを導入する目的

 

昨今コロナの影響もあり、集合住宅の空室率は上昇しています。
空室対策や収入減防止対策として防犯カメラの活用を考えるオーナー様が多くおり、導入したい設備ランキングに常に上位に防犯カメラはランクインされています。
実際に当社にご相談があったケースを紹介いたします。

現在起きている問題対策として使用し退居者を削減する

不法投棄やゴミ捨てのルールを守らない人がいるなど、防犯カメラを設置するだけで改善されるトラブルは多くあります。
現時点でのトラブルに対して解決を試みることにより、入居者が不満を抱え、退居することを防ぎます。

防犯カメラ設置で競争力向上により他の物件よりも優位に入居者を獲得する

引っ越しを検討する人は住みたい地域はすでに決まっていて、物件条件と家賃を見比べて決定する場合が多くあります。
その際に築年数など変更できない部分以外のオプション設備であるカメラが設置されていることで物件の価値を高めること、防犯対策がしっかりしている物件であると差別化でき、近辺物件との競争のため、家賃を下げるという手段を避け収入が減少することを防ぎます。

その他にも不審者の侵入や駐車場・駐輪場の不正使用やマナー問題や郵便箱・宅配ボックスへのイタズラや不正使用など集合住宅では様々なトラブルの可能性があります。

トラブルは様々ですが、解決や犯罪を抑止し、物件自体の価値を高めることで結果として新規入居者の獲得、退居者の防止となるケースを見てまいりました。
 

業務用・法人向け防犯カメラがおすすめな理由

 

個人・家庭用のカメラは安価な分、プラスチック等の材質を使用していて腐食等で耐久性維持に難がある製品や画質が低く製品性能に課題がある場合が多いです。
有事の際に満足な映像が記録できていない場合や、いつの間にか壊れてしまっていたというリスクが出やすい傾向にあります。
折角の対策をしているにも関わらず修繕に手間とコストをとられてしまったり、壊れて記録ができていない場合には入居者からの信用を失うことにもつながりかねません。
そのため、個人・家庭用の防犯カメラではなく、法人・業務用の防犯カメラがおすすめです。
以下では防犯カメラを選ぶ際のポイントについて紹介いたします。

_菫が鮮明で有事の際の証拠をしっかり残せる画質

画質が悪く証拠となる映像を記録できていないと意味がありません。
昨今ほとんどの防犯カメラの解像度は最低でも200万画素以上対応していますので、最低でも200万画素以上に対応しているカメラをお選びください。

¬覺屬箋娶でもしっかり撮影できる機能

犯罪やアクシデントが起きやすいのは夜間ということもあり、夜間でも白黒で撮影できるIR(赤外線)機能や24時間カラーで撮影できる機能が求められます。
また、屋外や出入り口など日当たりが良好な場所で使用する際はWDRなどの逆光補正機能を持っているものがおすすめです。

K蛭肇メラの耐久性

防犯カメラ自体の耐久性も重要です。知らず知らずのうちに防犯カメラが壊れていて、その際に問題が起きてしまったら、導入をした意味がなくなります。
プラスチック製の低価格なものが出回っていますが、腐食などで防水防塵を維持できず破損するケースがあります。
長く安定して利用したい場合は金属製をお選びください。

ぅ瓮鵐謄淵鵐垢しやすい性能

防犯カメラは精密機器ということもあり、耐久性が高いものを選んでも 経年劣化や設置環境の影響などで壊れるときには壊れてしまいます。
こまめに防犯カメラの映像を確認していた場合には壊れたらすぐに気づくかもしれませんが、防犯カメラの映像は有事の際にのみ確認するという方が多いのも事実です。
後者の場合、故障に気づくのに時間がかかり、問題が起こるまで壊れているのに気づかなかったというケースも耳にします。
こういった事態を避けるために、防犯カメラや映像の録画に問題があった際にアラートを上げることができる機能も重要です。
壊れにくく、仮に壊れてしまってもすぐに気づくことが出来るようなメンテナンスがしやすい製品選定や、システム構築が重要です。

最後に製品選定やシステム構成、システムの運用を行ううえで重要なことはセキュリティ管理です。
防犯カメラの映像は、個人情報や時には社外秘の情報を含む重要なものになります。
ネットワーク機器の特性を活かし柔軟システム構築が可能で企業に人気な機器ですが、不正アクセスや踏み台にして他のシステムへのアタック等という特有のリスクが潜んでいることも知っておかなくてはなりません。
防犯カメラや録画機にはパスワード機能が付いています。以下は業務用カメラのパスワードに関しての鉄則です。

 
  • 初期パスワードがある場合は必ず変更すること

  • 推測されにくいパスワードを設定すること

  • パスワードは厳重に管理すること

 

DMJ STOREでは、数ある防犯カメラの中から法人・業務用に適した防犯カメラを選定し、販売をしています。
自社施工・業務用向けの防犯カメラを下にピックアップしていますので、是非こちらからお買い求めください。
 

オーナー様向け おすすめ防犯カメラ

 
200万画素 IP ミニバレット型 ネットワークカメラ 【★H.265対応】
200万画素 IP ミニバレット型 ネットワークカメラ 【★H.265対応】
44,000円(税込)
200万画素 IP ミニドーム型 ネットワークカメラ 【★H.265対応】
【200万画素 IP ミニドーム型 ネットワークカメラ 【★H.265対応】
46,000円(税込)
200万画素 IP バレット型 ネットワークカメラ 【★電動ズーム対応】 【★H.265対応】
200万画素 IP バレット型 ネットワークカメラ 【★電動ズーム対応】 【★H.265対応】
89,000円(税込)
【夜間 カラー 400万画素】 IP ミニバレット型 ネットワークカメラ 【★24時間フルカラー】 【★H.265対応】
【夜間 カラー 400万画素】 IP ミニバレット型 ネットワークカメラ 【★24時間フルカラー】 【★H.265対応】
68,600円(税込)

※製品価格は非会員価格です。

ページトップへ